ご心配なく♪

昨日、父がお世話になっていた病院から突然の電話。


兄が緊急搬送されて即座に手術が必要なので
家族に了承を得るための電話でした。


両親や姉の時を含め、もう何度目かなぁ・・・こんな電話。
その度、胸が締め付けられ手足が震える。


こんな事に慣れたくは無いし、慣れるものでも無いけど
今の兄の状況と手術の詳細を、冷静に質問している自分に驚く。


私が病院に着くには、どんなに急いでも1時間半はかかるので
その間に手術をして下さるようお願いし、電話を切る。


PIXYのフードやおやつを用意し、とうちゃんの実家に預けに行く。


運転する手足が尋常でない震え方で、信号待ちの度
後部座席におとなしく座ってくれているPIXYを撫でて心を落ち着かせる。


こう言う時、PIXYは普段のハチャメチャ振りとは別犬で
頼れるお母さんみたいに、優しく凛としています。
私の不安を取り除くように、優しく身体を寄せてじっとしている。
やればできる、それがワシ。


病院到着後、集中治療室で電話を下さった先生から丁寧な説明を伺う。


心筋梗塞の一歩手前、不安定狭心症と言う病名で
血管の閉塞部にカテーテルを通し、バルーン拡張、ステント留置の
処置をして下さったそうです。


意識もしっかりしてるし、1週間も待たずに退院だそうで
心配無いです。


退院後は薬と、食事や運動で生活習慣の改善が必要との事。
仕事の都合で昼夜逆転の生活をしてるんで、なかなか改善も難しいけど
なんとか協力して、やっていこうかと思います。


とうちゃんの術前に兄までとは、神様どのような試練を与えて下さってるのでしょうか?
多分、ここひと月ばかりで自分の寿命3か月ほどは縮んだと思う。


兄の元気そうな顔を見て安心したせいか、帰りの車内は
「こっちが心臓痛なるわ、おっこるで!しかし!」と横山やっさん降臨(笑)


で、今日も面会に行くと会社の方が数名来て下さって
救急車の手配のお礼やら、最初は神妙に話してたのに
同僚の方が兄の処置を聞き・・・


「あ、俺と一緒。あと誰々さんと誰々さんも。みんなカテーテル仲間♪」と
いかにも楽しそうに(笑)
絶対そんな仲間には入りたないです(笑)


ま、こんな感じで笑ってますので、ご心配なくです。


ちゃんとPIXYの写真も撮ってますよ。
e0161972_17212598.jpg

あれ?おらへん・・・
e0161972_17221211.jpg

「か~!んま!」って、また枝食い?


この撮影を通りがかりの人達に爆笑された。
「なかなかハイ!チーズって、ならんとこが可愛いねぇぇぇ」って・・・
全く人ごとですよね(笑)


でも私、この2枚だけでめちゃ満足!PIXYらしいやん(笑)
e0161972_17262497.jpg

川面に花びらが・・・まだ散らんといて下さい。
e0161972_17285155.jpg

可憐に一生懸命咲いてます。
e0161972_17305741.jpg

PIXYの笑顔も・・・
e0161972_17313845.jpg

満開。
可憐には程遠いし・・・
e0161972_17322196.jpg

何がそんなに嬉しいんやろ?・・・・・・


でも間違いなく、この笑顔に救われ癒されてます。
お笑い犬で良かった(笑)


このブログは、ランキング参加してます。
応援してくれたら嬉しいです♪

人気ブログランキング

クリックとコメントが、何より励みになります。
全てのコメントとクリックに感謝します!
[PR]

by pixy1008 | 2010-04-08 17:42 | 自分