毛玉や無いって!

悲劇は突然起きた。


今朝、一通りの家事も済ませ、とうちゃんの会社へ高額医療の申請書類を
書いていたら・・・


私の後ろで、まったりくつろいでたPIXYを撫でつつ
「あ!こんなとこにデカイ毛玉!」と、とうちゃんが。


ハサミでチョキン!と切って「ほら、こんなに塊が」って
見せられた私は驚愕しましたよ・・・・


「ぎゃぁぁぁぁ~~~!!ちょっと!これイボやん!!!!!!!!!」


固まるとうちゃん。


書いてたペンを放り投げ、ササッとPIXYの耳を見ると
見慣れたイボの先っぽが切られてる~~~!!


PIXYは、ひゃん!とも言わず痛がってもいないんで、切られたのは
先っぽの壊死した部分で、ほとんど切られた感覚も無かったと思われる。


それでもねぇ、私は抱きしめずにはおられんでした。
PIXY~、大丈夫?
耳を確認すると出血してて、とうちゃん大急ぎで消毒しとりました。


耳の上の部分、ここには昔からのイボがあって、最近ちょっと大きくなってきたから
先月、獣医さんでどうしたものか診て頂いたばかり。


先生は悪い腫瘍とは明らかに違うし、痛くもかゆくも無いはず。
PIXYが気にしていじったりしない限りは、このまま置いといて大丈夫でしょうと。
別の獣医さんに診て頂いた時も、同じ回答やったんで
じゃあ、このまま様子をみようねと、とうちゃんと話したはず。


それを毛玉と間違えるとは・・・・


患部の写真、見たくない方、素早くスクロール願います。
いきます。


e0161972_1492633.jpg

痛々しい・・・


でももう切ってしまったものは、とうちゃんを責めたって仕方ない。
普段からもっとスキンシップして、PIXYの身体の隅々まで把握してくれるよう
伝え、とうちゃんはPIXYに陳謝。


PIXY、悪気のないとうちゃんを許してやってくれる?
e0161972_14173361.jpg

うぅ・・・


いやしかし、犬と言うのは本当に大らかな性格で
なんの予告も無しに切られたのに、全く怒ってる気配無し。
お詫びのしるしに、とうちゃんがあげたバナナを嬉しそうに食べとりました。


とうちゃん、PIXYが許してくれて良かったなぁ。
今日から、せっせと罪滅ぼししなさい!(笑)

変な菌が入って化膿しない様、充分気を付けて様子を見ますね!
[PR]

by pixy1008 | 2010-05-13 14:30 | とうちゃん