仕切る女

次の日曜日、姉の三回忌と父の一周忌を一緒に行う事にしました。


来月で姉が亡くなって丸二年。
6月で父が亡くなって丸一年。


3か月足らずで二度も法事を行うのは、来てくれる親類も、住職さんも、施主も
みんなが大変なので。


それと法要の後、岐阜のお墓まで行き、父の納骨式も行います。


自分は招く側でもあり、出席する側でもある立場で
全ての事に忘れ物が無いかと、少々不安。


招く側として、親類への連絡や引き出物の準備は済ませた。
明日実家へ行き、大掃除をし、お仏壇の供え物を揃える。


お布施を用意し、埋葬許可証や認印、墓石管理事務所への連絡、卒塔婆の手配など、
忘れ物が無いか兄に確認。
兄はおっとりしてるから、せっかちな私があれこれ指図し、そんな私を鬱陶しがってると思う(笑)
しかし兄に任せておいたら、命日を過ぎても法事が行われてない・・・・
という状態に陥りかねないんやもん。



「当日お墓に持参する、線香・ロウソクは入れた?」とか
「納骨式で使うさらし・お供え・花は、私が買って用意するから」とか、メールするたび
「はい、はい」と返信してくる兄。


私はまるで、口うるさい姑のよう(苦笑)


お客さんの座布団や、足の痛い叔母への椅子など、兄が気の回らないような事を
逐一、思い出しては忘れないようにメモする私。


一度で済ませるとは言え、一周忌・納骨式・三回忌とそれぞれのお布施は入れるから
かなりの金額になる、銀行に行かないと・・・・
とか、急にお風呂で思い出したりして、なんか気忙しい。


こんなに、ちゃかちゃか考えてる割に、必ず何か忘れてぶっ飛びそうになる。
こんなに奔走せず、さらりと完璧にやってのける人に憧れるのに。


でも、いつも何とか無事に終わるもんです。
22~23歳の頃、姑に実家の宗派を聞かれ、「えっとぉ・・・・仏教?・・・・・」と答え
呆れられた私(笑)
今では姑以上に葬儀や法事のマナーに詳しくなってしまった。
この歳で、法事の一切合財を仕切れる女になりたくは無かったよ(苦笑)


それにしても、家族が相次いで亡くなったのは、悲しいだけでなく
とっても忙しい事です。


今年、こうしてふたつの法事をまとめて行うのに
来年は、また母の七回忌と父の三回忌が重なる。


なんで、みんな、そんなにまとめて死んじゃったんや~~~~~!


と叫びたくなる今日この頃(笑)
でも、愛する両親や姉の為に奔走できるのは嬉しいもんです。


と言う事で、明日は実家にお泊りして、大掃除してきます。



喪服と、黒のストッキングと、パンプスと、お墓で着る黒のコートも持って・・・・
ぴくメシや散歩の用意も忘れずに・・・・・


あぁ、また頭の中が法事一色になってきた~~~(笑)



そんな私を癒してくれる甘えんぼ。
e0161972_14184572.jpg

私がコタツにはいるなり、とことこやって来て・・・・
e0161972_14195942.jpg

当然のように、ひざに乗る。
e0161972_14205089.jpg

「かあちゃん、法事の相談する人もおらんで大変やね、ワシが話聞こか?」って
優しい言葉かけられたら・・・・・


惚れてまうやろ~~~~!!
e0161972_14223574.jpg

そんな事、思っても無いとは分かってるけどね(笑)




言葉なんて無くたって、傍に居るだけで癒されるよねぇ・・・と思った方はクリックを~♪
クリック、いつも本当に励みになります。
人気ブログランキングへ 
ありがとうございました~。
[PR]

by pixy1008 | 2009-02-13 14:33 | 自分